Project Story 気候変動リスクに立ち向かう損害保険の取組

Project Story仕事と社員を知る新卒採用TOP

シリコンバレーの先端スタートアップとの共創による世界の異常気象への挑戦。

MS&ADグループがシリコンバレーで最先端を走る天候予測モデルを有するスタートアップと前例のないビジネスを創り上げました。そこに込められた挑戦と志を紹介します。

昨今の気候変動がもたらす異常気象は、世界的な経済的損害をもたらしています。企業の経営にもそのリスクが波及することから、金融安定理事会(FSB)により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:The Task Force on climate-related Financial Disclosures)は、金融機関をはじめとした企業に気候関連のリスクを財務情報として開示することを推奨すると発表しました。国内でも2019年にTCFDコンソーシアムが立ち上がり、多くの企業で気候関連の情報開示に向けた取り組みが進められています。

保険会社であるMS&ADグループとしてもTCFDに賛同し、気候変動の緩和と適応への貢献に取り組んでいます。保険事業において最も大事なことは、起きた損害による損失を補填することだけではなく、事故による損害からお客さまを守るための防災・減災の対策を一緒に進めていくことです。地球温暖化に伴って高まる自然災害のリスクに対しても対策を講じていくことが、私たち保険会社の使命です。

これらに対応するためにMS&ADグループは、米国シリコンバレーのJupiter Intelligence(CEO:Rich Sorkin、以下「Jupiter社」)とビジネス提携を締結。Jupiter社は、気候変動に伴い甚大化が想定される洪水や風災等の自然災害リスクについて、全世界を90メートル四方単位の精度で分析するシステムを開発しました。同社との業務提携により、気候変動の影響評価で実績のあるMS&ADインターリスク総研が、国内保険・金融グループとして初となる、全世界を対象とした気候変動影響の定量評価サービスの提供を開始しました。
(2020年7月7日付日経新聞の一面でも報道)

これはMS&ADグループがシリコンバレーで最先端を走る天候予測モデルを有するスタートアップと、日本で類のない新しいビジネスを創り上げた物語です。