社員紹介

企業営業(全域社員)社員紹介仕事と社員を知る新卒採用TOP

原嶋 智大 企業営業(全域社員)
先進理工学部 応用化学科卒
2012年入社 金融法人第二部 営業第二課

戦略的かつロジカルに
リスクのプロとしてのコンサルティング

現在、私はクレジットカード会社や信販会社をはじめとする金融機関を主に担当しており、ニューリスク・ニューマーケット(Fintech企業等)の保険プログラムの策定や、過去の事故や災害データを分析したロスプリベンションサービスの提案を中心に行っています。最も印象に残っている業務は、入社6年目で担当したカード会社の保険募集スキームの新構築です。安定的に保険募集ができるスキーム構築を目指し、長年保険募集を実施していた既存スキームの見直しを図り、自身の担当マーケットで得た知見やノウハウをもとにカード会社と「中長期的に運営ができる革新的なスキームは何か」を膝詰めで話し合いました。その結果、年間保険料数千万円を獲得できるスキームの新規構築に成功しました。これは常識にとらわれず、根本的な課題を設定し、取り組んだ結果であり、商品部や再保険部など、様々な部署に協力いただき、当社総合力で成し遂げたものです。
仕事のやりがいは、お客さま以上にお客さまのマーケット情報を収集して徹底的にマーケット研究を行い、お客さま自身が気付かないようなリスクを発見・分析し、新規の保険プログラム策定ができることです。そして、理系ならではの論理的思考能力はもちろんリスク分析力、知的好奇心を存分にに活かすことができ、学生時代の研究で培った思考プロセスやセンス、スキルなどが特に新種保険の領域において生きることも仕事の面白さとなり、醍醐味となっています。

Challenge
向き合っていること

ずばり、お客さまである金融機関が抱える、目に見えない課題です。私たちの取り組みが潜在的な課題を浮き彫りにして、その解決がお客さまの新たな事業戦略を生み出し、さらにはお客さまの未来さえも創造することにつながる。つまり常に先見の明のあるビジョナリーとしての役割を果たしたいと思っています。

Message
学生の皆さんへ

損害保険業界では、論理的思考力・リスク分析力・知的好奇心など理系の強みが活かせるフィールドが多くあります。これからの国内マーケットは新種保険が中心となり、特にこの領域では理系の力が不可欠になっています。是非、損害保険業界をあなたの能力が生きる活躍フィールド候補の一つに加えていただけたらと思います。

Off-time
オフタイム

外出してリフレッシュすることが多いです。学生時代の友人と陸上チームをつくり、週末に活動しています。また、読書も好きで、週に3冊は読んでいます。主に金融関係の本や専門誌が多いですね。

仕事相関図

社内

課・部内の関係者、各種商品部門、損害サポート部門、事務システム部門、海外拠点の社員、カスタマーセンターなど

社外

お客さま、代理店、お客さまのお取引先、再保険会社、提携先企業(印刷会社、コールセンター)など