社員紹介

企業営業(全域社員)社員紹介仕事と社員を知る新卒採用TOP

堂免 美希 企業営業(全域社員)
2008年入社 総合営業第五部 第一課
※現在:再保険部 プロパティリスク出再チーム

誰よりもお客さまに
詳しくなりたい

企業営業に配属になり、化学メーカーのお客さまを担当しています。最初の数回のアポイントは上司や先輩が一緒でしたが、あとは一人でやってこいとかなり早いタイミングで担当を任されました。今はこれがよかったなと思います。
当初はお客さまや代理店さんから言われることに対応するので精一杯でした。「保険金の限度額を上げて欲しいから見積書を作って」とお客さまから連絡をいただいて、商品部にそのまま伝えると「ふざけるな」と一喝。そして、理由は確認したのか?契約の条件のここは確認したのか?と次々に商品部の先輩から質問されることに、何一つ答えられませんでした。自分ができていなかったことが悔しくて情けなくて。お客さまに要望されたことをそのまま商品部に伝えるだけなら、営業の存在する意味はない。改めて、営業として私がやるべきことがわかりました。
それからはお客さまのことを誰よりも詳しくなるために、全国各地の工場の視察に行きました。結果、見えてくることがたくさんありました。たとえば工場の建物には保険がかかっているけれど、建物の中に保管されている材料や商品が見落とされていたり、また建物の近くに川があり水災が起こるリスクが高いにも関わらず、保険金でお支払いできる限度額が低かったり。お客さま自身が気付いていないこともあります。未来に起こりうるリスクを見える化するために、自分の足を使って情報を集める。それが営業の第一歩。万が一、事故が起こったときに、リスクが想定されていなかったということは絶対に起こさない。それが私のプロフェッショナルとしての仕事であり、やりがいです。

Challenge
向き合っていること

仕事を通じてたくさんの人と出会い、たくさんの新しいことを吸収してアウトプットしていくこと。日々の仕事の中で心がけています。

Message
学生の皆さんへ

是非時間がたくさんある学生時代にしかできないことにチャレンジしてみてください。
学生時代に経験したことは社会人になっても大きな財産になります!

Off-time
オフタイム

土曜日は早朝からゴルフのレッスンに通っています。それ以外も同期の仲間と箱根などに1泊旅行に行ったり、ジッとしていることはほとんどありませんね。

仕事相関図

社内

商品部や損害サポート担当の社員

社外

お客さま企業の機関代理店やお客さま企業の総務など関連部門の方々
お客さまの工場等の鑑定を行う鑑定人