女性活躍

担当者からマネージャーへ女性活躍社員を知る新卒採用TOP

担当者からマネージャーへ

三井住友海上では、多くの女性社員が、マネージャーとして活躍しています。女性としてのライフイベントも経験しつつ、ワークライフバランスを保ちながら、自らのキャリアを追求しています。

馬場 真希子 地域社員・1979年入社
人事部 課長(ダイバーシティ推進チーム長)

今、私は人事部給与厚生チームに在籍しています。そして、同時にダイバーシティ推進チーム長として、女性活躍推進をはじめ、社員全員が“いきいきと活躍する会社”というテーマに取り組んでいます。改めて女性のキャリアについて考えてみると、最初から自分自身の限界を決めてしまっている人は多いかもしれません。振り返れば、私自身がそうでした。
一般職で入社して、札幌支店のリテール営業部門で事務を担当し、その後、事務指導をする業務インストラクターになりました。毎日が忙しくやりがいも感じていたとき、グループの派遣会社への出向の辞令を受けました。当社や代理店さんで働く派遣社員の採用と営業がミッションでした。“私にできるのだろうか?”という不安を抱えながら、上司の声に後押しされて始めた派遣会社の仕事。たった2人の支店で、支店長という肩書きで派遣社員と会社が求める人財をつないでいく。仕事に悩む派遣社員の相談に乗りながら、この仕事の意義とやりがいを知りました。そして、本社の人事部給与厚生チームへの異動。驚きはありましたが、“やってみよう”と、東京へ赴任してきました。給与や福利厚生という新しい仕事、新たな人たちと出会い、さらに私自身の可能性が広がっています。誰だって経験がないことはすぐにはできません。経験せずにできないと決めてしまうことは、自分の可能性を閉ざしてしまうこと。これからは新しいチャレンジに不安を感じる女性の背中を押していきたいと思います。

千葉 友子 地域社員・1981年入社
東北損害サポート部 仙台第一保険金お支払センター 所長

私は仙台第一保険金お支払センターの、所長という立場で仕事をしています。
センターの人事管理はもちろん、事務リスク管理、実務としての自動車事故事案管理も行っています。
社員一人、ひとりが仕事のやりがいを持っていきいきと働ける環境をつくりだし、仕事を通じてメンバーの成長していく姿を見ると、とてもやりがいを感じますね。
私自身、マネージャーになったのは、2008年の盛岡保険金お支払センターの所長代理を任されたとき。所長代理初年度、上司として苦情対応面談を行ったもののお客さまのご理解がいただけず気持ち的に落ち込んで自信をなくしかけたことがありました。
上司から「これまでも多くの困難なことがあったと思うけど、解決しなかったことはないはずだ。自分のキャリアに自信を持ち、行動すれば大丈夫」と励ましてもらい、なんとか乗り越えることができました。
自分のキャリアを振り返りながら、培ってきたものを自信に変えて、仕事に臨む大切さを学びました。
私のそんな経験をマネジメントに活かして、社員一人ひとりがいきいきと働き、仕事を通して成長できるような職場づくりや、女性社員が管理者として活躍できるようにアドバイスするなど、育成に関わっていきたいと思います。

PAGETOP