社員紹介

自動車損害サポート(地域社員)社員紹介社員を知る新卒採用TOP

橋本 典子 自動車損害サポート(地域社員)
2000年入社 東京自動車保険サポート部 東京第二保険金お支払センター

事故解決のプロとして
私たちの対応が保険を形づくる。

自動車保険にご加入頂いているお客さまが事故に遭われた際に、保険金のお支払いを通じて、事故を解決していく仕事。お客さまの代理人として、相手方と示談交渉を行っていきます。“お客さま、相手方、双方の心情を理解し、事故解決のプロとして安心感を与えながら、一つひとつ、心を尽くして解決する。その積み重ねが三井住友海上の価値をつくっていく”そんな意識をもって取り組むようにしています。
私たちは保険のプロゆえ、解決は当たり前のことですが、それでもお客さまから「ありがとう。安心した」というお言葉をいただいた時、大きなやりがいを感じます。安心感は目に見えるものではありませんが、プロとしてお客さまに頼って頂き無事期待に応えられたとき、“誇り”を胸に刻むことができます。そして“もっとこれからも頑張ろう。お客さまの安心のために“というモチベーションが高まるのです。
お客さまの不安や不満を、心からの安心感に変えて、一日も早く元通りの仕事生活に戻れるようにすること。それが私の仕事です。
私は現在、時短勤務制度を利用しています。息子の保育園への送迎のために9時15分出社、16時半退社という毎日ですが、職場での同僚の協力や配慮などもあって、ストレスなく仕事に取り組むことができています。例えば終業間際の電話などは同僚がさりげなく代わりに対応してくれたり、残業をしていると“大丈夫ですか?”と声がけしてくれたりなど、その心遣いを感じるたびに、仕事へのモチベーションが上がります。ありがたいですね。

Challenge
向き合っていること

任される責任は、産休育休取得前と変わりません。人身事故の担当も任されているので、医療知識や直近の裁判例など、日々学ぶことがたくさんあります。

Message
学生の皆さんへ

どんな仕事でも活躍できるかどうかは、女性・男性関係なく、最終的には自分次第だと思います。みなさんもぜひ、自分の想いがあれば何でも切り拓いていける!という強い想いをもって、就活に臨んでください。そしてゆくゆくは、より活き活きと女性が働ける社会を一緒に作っていきましょう!

Off-time
オフタイム

平日は、家事育児のみで自分の時間はなかなかとれませんがが、休日には家族そろって公園等アウトドアに出かけ、自然と戯れ、そして美味しいものを食べ、リフレッシュを図っています。

仕事相関図

社内

〈営業部門〉
お客さまの事故情報の共有
〈損害サポート業務部〉
支払基準について摺合せ

社外

〈お客さま〉
〈代理店〉
〈自動車修理工場〉
〈弁護士〉
訴訟案件について相談
〈医療機関〉
けがの症状などをヒアリング

PAGETOP