Project Story - タイの大洪水に見る損害保険の確かな意義

Project Story仕事を知る新卒採用TOP

朝早くから夜遅くまで屋台の賑わいが絶えない街。タイ王国の首都バンコク。タイは3100を超える日系企業が進出する日本のグローバルなものづくりの一大拠点です。またその多くが三井住友海上のお客さまでもあります。

そんなタイを2011年秋、未曽有の大洪水が襲いました。国土の約3分の1が浸水し、500社近い日系企業が極めて深刻な被害を受けました。世界銀行の試算によれば、タイ全体の被害総額は約3兆5000億円。うち工業団地の被害額は約1兆7000億円。自然災害による経済損失額の大きさでは、史上4番目の規模の大災害となりました。

深刻な被害から立ち直ろうとする日本企業と現地の人々。その希望となるべく、陰ながら奮闘する三井住友海上の社員たち。損害保険が果たす社会的意義と役割とは何か…。一人ひとりの社員が立ち止まらずに向き合い、挑戦し続けた物語を紹介します。

PAGETOP