部活動レポート!

部活動レポート!キャリアと働く環境を知る新卒採用TOP

多様で強い個の力、それが結束した最強のチームワークは仕事と部活動の両方で発揮されています。
いきいきと活躍し、全力で向き合い成長し続ける社員。
この人財力こそが、世界トップ水準の保険・金融グループを創造する三井住友海上の強みです。

三井住友海上公認部活

  • :男子プレーヤー活躍中
  • :女子プレーヤー活躍中
  • :マネージャー在籍

剣道部

■●◯

業務両道をモットーに、実業団大会優勝を目指して稽古に励んでいます。本社ビルに道場がある最高の環境で、チームワーク抜群の最高の剣道部です!

ゴルフ部

■●

2016年度より女子プレーヤーも入部。日経カップ、企業対抗全国レディースゴルフ大会での上位入賞を目指して練習に励んでいます。

サッカー部

■◯

関東リーグ昇格を目指して活動中!児童養護施設や震災被災地の子どもたちを対象とした、サッカースクールにも参加しています。

水泳部

■●◯

創部60年の歴史があり、競泳は日本実業団で女子がリレーで入賞経験、水球も実業団リーグで強豪を相手に闘っています。

卓球部

■●

平成29年度の全三井卓球大会団体戦および個人戦、東京住友グループ春季卓球大会団体戦にて優勝しました。

テニス部

■●◯

初心者からプロ級まで総勢約300名が所属。日本No1チーム を決めるテニス日本リーグでは「ベストアマチュア賞」を受賞しました。

バスケットボール部

■●◯

男子部は、40年以上の歴史があるチームです。2016年度より女子部も新設し、文武両道を目指して仕事にバスケに奮闘しています!

バレー部

■●◯

平成3年から延べ17回、三井系列の会社で行っている三井リーグで優勝しています。幅広い年齢層が集い、楽しく練習しています。

ボート部

■●◯

総勢36名からなるボート部は、埼玉県戸田を練習拠点として、社会人レースに出場。また、毎年恒例の社内レガッタを開催しています。

野球部

■◯

「全員で勝利を勝ち取る!」これが三井住友海上を背負う部員の強い気持ちです。全員で喜びを分かち合う強い集団が野球部です!

ヨット部

■●

神奈川県・葉山を拠点として活動。2017年には「全日本シーホース級ヨット選手権」で13連覇を成し遂げています。

ラグビー部

■◯

部員・マネージャー35名で活動。関東社会人リーグ2部に所属し、1部昇格を目指して毎週日曜日に練習しています。

女子ラクロス部

●◯

2017年度創部。三井住友海上のクラブチームとしてリーグ戦に出場しています。玉川研修所で定期的に練習し一部昇格を目指しています!

フェンシング部

■●◯

2017年度に創部いたしました。現在活動は部員それぞれのエリアでおこなっています。今後全国大会出場を目指して活動してまいります!!!

スノーボード・スキー部

■●◯

生損保大会、オール三井大会の団体戦・個人戦に向けて練習に励んでいます。一生涯の仲間と一緒に冬山を楽しみましょう。

管弦楽団

■●

サントリーホールや東京芸術劇場など、名だたるホールで定期演奏会を開催。全国の社員を中心に約100名が在籍しています!

軽音楽部

■●

年3回ライブを開催。中でもチャリティーコンサートは22年の歴史があり、これまで502名のアジアの子ども達に1,658万円の奨学金を贈呈。

茶道部

三井住友海上の本社には和室を完備。釜や炉などもあり、本格的な環境でお茶を楽しむことができます。

野球部
BASEBALL

部員
約30名
練習
土曜日、日曜日

自動車営業の最前線で
チームの要を目指して

船井 剛 
自動車営業 
2007年入社 千葉自動車営業部 第二課
※現在:企業営業 第二部 第一課

PROFILE

中学から野球を始め、高校3年生の時には正捕手として夏の甲子園に出場。ベスト16を果たすとともに、選手宣誓も務めた。先輩、後輩には多くのプロ野球選手がいる。大学時代も野球部で活躍。入社後も、準硬式野球部に所属し、捕手として野球を続ける。

自動車営業部に所属し、千葉県内の大手自動車ディーラーを担当しています。私たち自動車営業部門の役割は、自動車販売会社やリース会社の営業担当者が自動車保険を販売するためのサポートを行うことです。商品説明から販売戦略、事故対応、事故防止策まで、さまざまな支援策をご提案することです。
入社後も好きな野球が続けられるというのが入社動機の一つでしたが、あくまでも保険のプロになることが目標でした。とりわけ私が配属された千葉自動車営業部は全国でも有数の大規模拠点で、入社当初は仕事と練習の両立に苦労の連続でした。しかし、その分負けたくないという気持ちが強くなり、決められた時間のなかで仕事に集中したり、効率の良いやり方を工夫したりと、部活動がプラスに働いたように思います。
毎年、大学生と合同で行う関東大会ではなかなか上位に行けなかったのですが、入社5年目の大会で初めて社会人チームとして準優勝を果たしました。仕事面でも大手自動車ディーラーを担当するようになり、大きな成長を遂げた時期となりました。
営業の仕事は個人プレーが中心と思われがちですが、決してそうではありません。野球で鍛えた、チームの要となって戦略を練るキャッチャーの役割を仕事の面でも発揮し、今後は、自分の成果だけでなく、チームが大きな成果を出せるよう役割を広げていきたいです。野球での今後の目標は関東大会での初優勝。仕事も野球も、頑張っていきたいですね。

剣道部
KENDO

部員
約120名
練習
週3回(月・水・土)、駿河台ビルの剣道場にて実施

業武両道をモットーに
「恕の精神」でお客さまに対応する

外之内 貴洋 
損害サポート 
2000年入社 越谷保険金お支払いセンター
※現在:総務部 総務チーム

PROFILE

小学3年生から剣道を始め、中学、高校では全国大会に出場。国体では団体戦で準優勝の経験もある。大学時代は全日本学生剣道選手権の個人戦で準優勝。現在、段級位6段を保有し、母校の大学で剣道部監督も務めた経験をもつ。

保険金お支払いセンターは事故対応の最前線として、事故に遭われたお客さまに対しての事故対応や保険金のお支払いなどを行っています。私はグループの管理者として、グループメンバーの事案の相談・決済、難事案の担当などをしております。
入社以来、損害サポート部門に配属されるとともに、剣道部にも所属し、業武両道に励んできました。当社への入社も、高いレベルで仕事ができるとともに、剣道も続けられるというのが主な動機でした。それでも入社1年目は稽古中にアキレス腱を断裂するアクシデントに見舞われたり、仕事を覚えながらの稽古でしたので時間配分には苦労をしました。剣道をやっているからという甘えや言い訳はしたくなかったので、仕事では常に100%以上の力を出し切るように心がけてきました。
入社3年目の頃には仕事との両立にも慣れ、先鋒を努めた全日本実業団剣道大会では優勝にも貢献することができました。損害サポートの仕事はお客さまとの対話がとても重要になりますので、剣道で培った「恕(思いやり)の精神」を活かしながら、お客さまの立場に立った対応を心がけています。

PAGETOP